キャリア教育学科(学科紹介)

目標に合った科目選択で、「なりたい自分」を目指すことができます。はっきりと進路が決まっていないという人でも、自分が何に関心があるのか、どんな学びが合っているのか、自然に進路や将来をイメージできるようにサポートします。


CEセミナー

自分のテーマを持って、いざ、ディズニーリゾートへ。そこには今まで気づかなかったものが見えてくるかも。多角的視点とホスピタリティへの理解力を身につけよう。


キャリア形成演習Ⅰ

インターンシップ前の集中講義です。グループワークを通し、インターンシップの意味を見出し、目標を設定します。
また、2年生がボランティアで駆けつけてくれます。インタビューを先輩に行い、体験談や“ぶっちゃけトーク”で、2日間はあっという間です。


キャリア形成演習Ⅱ

インターンシップ後の集中講義。ポスターセッションやグループワークなどの演習を通して、インターンシップを振り返ります。
自己評価と企業評価を比較し、自分の強みと弱みを知り、行動計画へとつないでいきます。


司書社会福祉主事任用資格ビジネス実務士 ※各団体へ申請が必要な資格です。実践キャリア実務士 ※各団体へ申請が必要な資格です。

ファイナンシャルプランナー(FP)ピアヘルパーマイクロソフト・オフィス・スペシャリスト(MOS)色彩士販売士経営学検定観光英語検定P検 など

※カリキュラムの内容は入学年度によって変更になる場合もあります

1学年のカリキュラム

入学年度によって変更になる場合もあります。

科目名 関連記事 単位 授業形態 開講期 備考
必修 選択
アカデミックスキルズ 2 講義 通年
文化人類学A   2 講義 前期
文化人類学B   2 講義 後期
労働法制と人権A   2 講義 前期
労働法制と人権B   2 講義 後期
社会調査法入門   2 講義 後期
地域形成論   2 講義 前期
生涯学習概論   2 講義 後期 司書必修
キャリアマネジメント   2 講義 前期 実践キャリア実務士は必修
企業論   2 講義 後期
キャリア形成論   2 講義 前期 選択科目I,II群から12単位以上
キャリア形成演習Ⅰ   1 演習 前期
キャリア形成演習Ⅱ   1 演習 後期
プランニング入門   2 講義・
演習
後期 選択科目I,II群から12単位以上
コミュニケーション論   2 講義 後期 選択科目I,II群から12単位以上
TOEIC演習A   2 講義 後期
リーディングスキルズA   2 講義 前期
リーディングスキルズB   2 講義 後期
コミュニケーションスキルズA   2 演習 前期
コミュニケーションスキルズB   2 演習 後期
異文化理解   2 講義 後期 選択科目I,II群から12単位以上
観光英語Ⅰ   2 講義・
演習
後期
英語演習(Basic)   2 講義・
演習
後期
キャリア教養特講I   2 講義・
演習
後期 特殊テーマに関する研究:
キャリア研究のための情報探索
キャリア教養特講II   2 講義・
演習
後期 特殊テーマに関する研究:
サービス業のしくみ

2学年のカリキュラム

入学年度によって変更になる場合もあります。

科目名 関連記事 単位 授業形態 開講期 備考
必修 選択
戦後日本社会史A   2 講義 前期
戦後日本社会史B   2 講義 後期
現代の国際関係A   2 講義 前期
現代の国際関係B   2 講義 後期
経営学基礎   2 講義 前期
公共政策論   2 講義 後期
簿記入門   2 講義・
演習
前期
ビジネス実務総合演習   2 演習 前期 実践キャリア実務士は必修
カウンセリング演習   2 演習 前期 ピアヘルパーは必修
メンタルヘルスマネジメント   2 講義 後期 ピアヘルパーは必修
リスクコミュニケーション論   2 講義 後期
上級リーディングA   2 講義 前期
上級リーディングB   2 講義 後期
北米の歴史と文化   2 講義 前期
観光英語Ⅱ   2 講義・
演習
前期
TOEIC演習B   2 講義 前期
情報リテラシー   2 講義 前期
キャリア教養特講Ⅲ   2 講義・
演習
前期 特殊テーマに関する研究:
イベントの企画
特別研究 4 講義 通年

資格取得科目《司書》

※資格取得科目は卒業要件単位に含まれません

科目名 単位 授業形態 履修時期 備考
1前 1後 2前 2後
図書館概論 2 講義        
生涯学習概論(学科専門科目) 2 講義        
図書館情報技術論 2 講義        
図書館制度・経営論 2 講義        
図書館サービス概論 2 講義        
情報サービス論 2 講義        
児童サービス論 2 講義        
情報サービス演習 4 演習      
図書館情報資源概論 2 講義        
情報資源組織論 2 講義        
情報資源組織演習 4 演習      
図書館サービス特論 1 講義        
図書館情報資源特論 1 講義        

山野 実 やまの みのる学位及び業績教授

キャリアに関する理論に、「計画された偶然理論」と呼ばれるものがあります。好奇心をもって新しい学習機会を模索すること、諦めずに努力し続けること等によって、「偶然」を、後から振り返ってみればあたかも「計画」したものであるかのように生み出すことができる、というものです。iPhone等で有名なアップル社の創業者の一人である故スティーブ・ジョブズ氏は、大学中退後、興味の赴くままに潜り込んだ講義で得た、当時は何かの役に立つとは考えなかった知識が10年後の製品開発に役立ったと述べていますが、これはまさに「計画された偶然」と言えるのではないでしょうか。
 
本学では、多様な学問領域の科目や様々な体験プログラムを履修することができます。これらの学習・体験の機会を“花の種”にたとえれば、咲く時期や種類が明確な種(みなさんが今、必要・役に立つと考えているもの)といつ何の花が咲くかわからない(しかし、何かしら惹かれてしまう)種とをうまく混ぜ合わせて学習を進めることが大切ではないでしょうか。前者の種は、みなさんの期待通りに素敵な花を咲かせるでしょう。後者の種は、ある時「偶然」みなさんにしか開花させることができない美しい花を咲かせるに違いありません。
 
新しいこと・知らないことを学ぶのは楽しいものです。みなさんの学習に、私が担当する経済関係の科目が少しでも貢献できれば大変嬉しく思います。

加藤 竜哉 かとう たつや学位及び業績教授

共通教育(情報演習、ビジネス実務、インターンシップ、ライフキャリア形成演習など)、キャリア教養学科の専門科目(コミュニケーション論、情報リテラシー演習など)、司書課程の情報サービス演習も担当しています。
 
皆さんが編入や就職を通して“よりよく生きていく”ためには、他者との関わりを常に意識してほしいと考えています。そのためには、まず自分自身について学んだことや感じている事柄を、明確に語ることができる人になってほしいと願っています。
 
本学では、さまざまな授業や演習(アクティブ・ラーニング)を通し、自分自身を深く考える時間をたくさん持つことができます。より良い就業社会を歩むことができるために、思考と行動の道程を刻んでいきましょう。趣味は、スキー・トレッキング・将棋です。スキーは、家族で毎年必ず滑りに行きます。将棋は全く強くなりません。趣味ではありませんが、本学とご縁ができ、大嫌いだった英語が好きになりました。英語が嫌いな方は、ぜひ声をかけてくださいね。

(蛇足:友達がたくさん多いのが自慢です)

田中 大介 たなか だいすけ学位及び業績教授

わたしが最初に行った外国は、世界最高峰のエベレストで知られるネパールという国。ちいさなリュックひとつだけを持った、気ままな一人旅です。ある日、そのネパールの田舎で子どもたちがムシャムシャと何かお菓子のようなものを食べている光景に出くわしました。
 
そして、ありったけの身ぶり手ぶりで「何をたべているの?」と伝えると、子どもたちはにっこりと笑って紅い花を差し出すではありませんか。そう、子どもたちが食べていたのはお菓子ではなく、花びらだったのです。もちろん、名前も知らないその花をいっしょに食べました。ちょっと不思議な味でしたが。
 
わたしは人類学者です。いまだにジンルイもニンゲンもよくわかっていないのですが、でも————なんとなくわかるのは、はるか昔にわたしがネパールで経験したできごとのように、ニンゲンはおたがいに楽しんだり、つながったり、ひろがったりできるということです。あなたの世界が大きくひろがって、まだ知らない誰かと出会えるように、この桜の聖母でともに学びましょう。

三瓶 千香子 さんぺい ちかこ学位及び業績准教授

こんにちは!「本質を追究しつつ、いつも楽しい授業にするにはどうしたらいいのか…」と、毎日探し求めている放浪教師、三瓶です。専門は教育学、特に生涯教育学です。
 
教育学とは、人を変えていくきっかけづくりの学問だと思っています。日々、人は変わります。また、日々、人は変わりたいと思っています。それは実は一生続いていきます。今の自分に満足せず、いつも向上したい、学びたいという知的欲求が生涯学習の基盤となっています。その欲求を少しでも満たすことができるように支援していくことの研究が私のテーマです。桜の聖母短大に入ったら、ぜひ「自分が本当に知りたいこと、やりたいことってなんだ?」ということを見つけてほしいと思っています。「ん?」という“ひっかかる力”。その力と追究力がつけば、ずっと自分磨きができるでしょう。
 
自分のテーマを探す貴重な時間と空間を提供できるのが、桜の聖母短大です。みなさんと共に考えていける機会を楽しみにしています。

後藤 真 ごとう まこと学位及び業績准教授

臨床心理士でファシリテーターでファシリテーショングラフィッカーの後藤です。(「!?」と思われた方は、ちょっと↑上記のコトバの意味を調べてみてください。ずいぶん変わったことをしている人だということがよくわかるでしょう。)本学では「かかわりの心理学」や「キャリアマネジメント」、「職場のメンタルヘルス」、「栄養カウンセリング論」、「カウンセリング演習」などを担当しています。
 
どうして人間関係がもつれてしまったり、話し合いがこじれてしまったりするのか?人と人とのつながりの、どこがどう変わればもっとスムーズな対話が生まれるのか?
本当に大切な人を大切にしていくために、どんな「場」をつくっていけばいいのか?思いを伝え合い、キモチを聴き合える家庭や社会や世界を築いていくために、自分たちは未来にどんなタネを蒔けばいいのか?
 
…そんなことを毎日の実践を通しながら、ここ福島の地で地味に地道に研究しています。みなさんが過ごす、桜の聖母短期大学でのキャンパスライフに、たくさんの笑顔とたくさんの嬉し涙がありますように。それでは、お会いできる日を楽しみにしています。

藤平 明彦 アンドリュー学位及び業績講師

In today’s “knowledge society,” more is expected out of schools than ever before. It is important for instructors to understand the key components about what is necessary. What kinds of individuals, workers, and citizens will our future need? And how can schools become adjusted to this new global environment?
 
Technology has brought everyone in the world closer together. It is easier now to communicate with or get information about people from the next city to halfway around the globe. In these changing times, it is not enough to learn a language simply to pass a written test. The rate of human interaction is increasing day by day, and students must be prepared to express themselves and their thoughts to a wide range of people. College is often the final step for many students before they enter the “real world.” It is our responsibility as educators to help them develop the necessary skills to survive in this environment. Although it is my first year here, I am excited about the opportunity to work and grow alongside these students and hopefully become a more effective and productive teacher.

木川田 朱美 きかわだ あけみ学位及び業績講師

専門分野は図書館情報学、人文社会情報学です。性描写のある出版物と図書館の関係について、知的自由やその一部ともいえる図書館の自由の概念を扱いながら研究を行ってまいりました。司書課程の授業を担当します。
 
「司書」とは、基本的には公共図書館の専門職員となるための資格です。ここで「図書館なんかあんまり行かないし私には関係がないや」と思った方もいらっしゃるかと思います。しかし,司書課程で得られる学びを活用できる場所は図書館だけに限りません。司書は、図書はもちろん電子資料やネットワーク情報資源などを含んだたくさんの情報資源を使いこなすスペシャリストです。司書課程を修めれば、課題レポートでわからないことがあるとき、進路選定で企業、大学について深く知りたいときなど、情報を入手したいときにはもう困りません。参考調査や情報探索といった図書館情報学分野の基礎を学ぶことにより、あなたは卒業後の未来に学び続ける礎を得ます。そうすることで、在学中のみならず卒業後のあなたをサポートできるのが桜の聖母短期大学の司書課程です。司書になりたいあなたも、そうでないあなたも、検索エンジンでわかることのその先に触れてみませんか?

髙橋 未希 たかはし みき学位及び業績助教

英語と聞くと「難しそう」「苦手」と思う人もいらっしゃるかもしれません。そういった人に英語を好きになってもらいたい、苦手意識をなくしたいというのが私の研究テーマです。
 
英語を学ぶということは単に単語を覚え、文法を理解することではありません。それはほんの1つの側面にすぎないのです。英語を学ぶことで、英語を話す人々の文化について理解を深め、自分の気持ちや考えを異なる立場の人にわかりやすく伝える術を学ぶことができます。皆さんには英語演習(Basic)など語学に関する科目を通じて、異文化に対する理解や興味、コミュニケーション能力を高めていってほしいと思います。

桜の聖母短期大学の2年間は刺激に満ちています。様々な学問の学び、色々な人との出会いがみなさんの今後の人生をきっと豊かなものにしてくれると思います。みなさんにお会いできることを楽しみにしています。