暮らしのファイル

先輩のライフスタイル(一人暮らし編)

一人暮らしで良かったのは、短大に近く、自分の時間が増えたこと!

毎日の自炊は大変ですが、部屋に友達を呼んで一緒にご飯を食べたり、放課後や休日にボランティアやショッピングをしたりと、時間に余裕がある点が気に入っています。福島市ですぐに部屋を探せるか不安でしたが、短大のホームページに聖母生専用のアパート情報が提供されていて助かりました。一人暮らしを始めてからも、学生支援部の先生方がいろいろ相談に乗ってくれるので安心です!

一人暮らしのメリット

住んでいるのが同じ大学の学生だけというのは何より安心です。友達の部屋には日頃から行き来しているので、寂しいということもありませんね。他の学科・専攻に比べ授業はびっしりで忙しいですが、お互い励まし合えるのも強みです。

アパート情報

学生支援部では、アパートを希望する方に情報を提供しています。申し込み、契約など具体的なことは保護者と家主さんとの間で直接交渉後、住居先を学生支援部へお知らせいただく方法となります。

一般向けアパート
部屋数 家賃(円) 共益費又は管理費(円) 備考
45 30,000〜
35,000
0 敷金1ヵ月分、礼金0、
マンション保険料
(2年間掛捨)15,000円

聖母生専用
部屋数 家賃(円) 共益費又は管理費(円) 備考
(ヵ月分)
9 30,000〜
36,000
0 敷金0、礼金1
8 30,000 敷金1、礼金0
8 35,000〜
(共益費1,000円)
敷金1、礼金1
8 40,000〜
(共益込)
敷金1、礼金0

先輩のライフスタイル(自宅通学編)

勉強したり、本を読んだり、通学時間を有効活用しています。

自宅のある西白河郡矢吹町からは電車で1時間30分、福島駅前からはバズを利用して通学しています。通学の時間は予習や復習をしたり、好きな小説を読む時間にあてています。始発に乗るため毎朝5時に起きるのは大変ですが、その分、休日はゆっくりと地元の友達とショッピングを楽しんだりしています。

自宅通学のメリット

高校の先生にすすめられオープンキャンパスに参加したのがきっかけですが、自宅から通えるなら親も安心と思い決めました。同じ高校から入学した人もいるし、山形県内から通っている人も何人かいて、仲良くなりました。

通学路線情報

通学路線情報

※授業開始時間(9:00)に間に合うように、福島駅到着時間を8:30にした場合の各駅の出発時刻を記しています。
※福島駅よりバス15分、徒歩なら20分となります。

通学定期料金(月額)福島駅まで[平成28年4月現在]

[新幹線]

  • 〜新白河駅56,190円
  • 〜郡山駅42,180円
  • 〜白石蔵王駅39,880円
  • 〜仙台駅53,870円
  • 〜古川駅83,610円
  • 〜山形駅56,370円
  • 〜米沢駅32,450円

[在来線]

  • 〜二本松駅8,080円
  • 〜郡山駅11,080円
  • 〜須賀川駅13,730円
  • 〜白河駅20,160円
  • 〜白石駅8,780円
  • 〜大河原駅11,390円
  • 〜岩沼駅14,600円
  • 〜名取駅16,250円
  • 〜仙台駅18,560円
  • 〜米沢駅9,920円
  • 〜山形駅20,880円

[阿武隈急行]

  • 〜保原駅13,530円
  • 〜梁川駅16,670円
  • 〜丸森駅24,220円
  • 〜角田駅26,110円

[高速バス]

  • 福島〜会津若松27,440円
  • 福島〜郡山16,170円