共通教育

共通教育について

共通教育とは

専門分野を学ぶための基礎となる教養

社会で活躍するために、第一線で求められるのは人間的な教養と洗練された社会常識です。
桜の聖母短期大学では、専門知識を学ぶだけでなく、専門知識を活用し創造的に考えながら、新しい事実を発見していく能力を養うための共通教育に力を注いでいます。
共通教育を通して、社会人として必要な力と広い視野を持つために、体系的な学びとさまざまな体験から問題解決力を身につけます。

生きる力を育み、「人間力」を身に付ける2年間

桜の聖母短期大学は、人とのかかわりや共に生きる心を持つ人材を育成する「共通教育」を中心とした、『コミュニケーション能力育成プログラム』を採用しています。

これは、計画・実行・評価・改善のサイクルによって地域社会が求める【向上心】【考え抜く力】【チームで働く力】【前に踏み出す力】を育み、『地域社会に貢献できる力』へとつなげる学びで、北海道・東北の私立短大で唯一、文部科学省に採択されているものです。

さらに卒業後は、生涯学習センターを通して生涯に渡り学び続ける力をサポートし、真に[生きる力]を備えた女性を育みます。

共通教育の学び

教養・外国語などを学ぶスタンダードな学びに加え、人間学や福祉学など聖母ならではの充実したオリジナル科目で、一人ひとりの「生きる力」を大きく育みます。

人間形成の土台を作る

人間学

人間は、自分自身で「正しい」と思っていても、実は「間違って身につけている見方・考え方」を持ち、自分の枠にとらわれていることがあります。違う見方・考え方に気付けば、「行動」や「生き方」に変化が生まれます。このように意識を転換することができれば、今までできなかった事ができるようになり、自然と自信がついてきます。

また、他者との関わり方も良くなり、他者と相乗効果を発揮する生き方ができるようになります。将来の「なりたい自分」になるために、「人間学」の広義と実践を通して「あきらめないで努力する」姿勢を学びます。

人間学

キリスト教学

グローバル世界では、世界を知るには宗教を知ることが不可欠です。
キリスト教的価値観を学ぶことを通して、自分の価値観に気付き、また責任ある社会人となるためにはどのように生きたらよいかを考えていきます。

キリスト教学

ボランティア活動

福祉学(1年生必修)では、講義の他、地域社会に出て30時間以上のボランティア活動を行いながら、自分を見つめ地域社会の課題に気付き、時代の要求に応えて行ける力を養います。その発展系として行われる国際ボランティアでは、視野を広めた活動ができます。

ボランティア活動

福島学

いま福島が直面している問題と冷静に向き合い、客観的に理解することから始め、様々な分野の専門家の講演を聞き理解を深めたり、復興活動に参加し、実践することで未来を考え判断し、行動できる力をつけていきます。

福島学