共通教育

共通教育について

共通教育とは

専門分野を学ぶための基礎となる教養

社会で活躍するために、第一線で求められるのは人間的な教養と洗練された社会常識です。
桜の聖母短期大学では、専門知識を学ぶだけでなく、専門知識を活用し創造的に考えながら、新しい事実を発見していく能力を養うための共通教育に力を注いでいます。
共通教育を通して、社会人として必要な力と広い視野を持つために、体系的な学びとさまざまな体験から問題解決力を身につけます。

生きる力を育み、「人間力」を身に付ける2年間

桜の聖母短期大学は、人とのかかわりや共に生きる心を持つ人材を育成する「共通教育」を中心とした、『コミュニケーション能力育成プログラム』を採用しています。

これは、計画・実行・評価・改善のサイクルによって地域社会が求める【向上心】【考え抜く力】【チームで働く力】【前に踏み出す力】を育み、『地域社会に貢献できる力』へとつなげる学びで、北海道・東北の私立短大で唯一、文部科学省に採択されているものです。

さらに卒業後は、生涯学習センターを通して生涯に渡り学び続ける力をサポートし、真に[生きる力]を備えた女性を育みます。

共通教育の学び

教養・外国語などを学ぶスタンダードな学びに加え、人間学や福祉学など聖母ならではの充実したオリジナル科目で、一人ひとりの「生きる力」を大きく育みます。

人間形成の土台を作る

キリスト教学

神を愛し、自分を愛するように隣人をも愛することを心に刻みます。
キリスト教的価値観を学ぶことを通して、自分の価値観に気付き、また責任ある社会人となるためにはどのように生きたらよいかを考えていきます。

キリスト教学

ボランティア活動

建学の精神に基づき、「愛と奉仕」「共に生きる」を具現化します。実際に地域社会に出て30時間以上のボランティア活動を行いながら、自分を見つめ地域社会の課題に気付き、時代の要求に応えていける力を養います。

ボランティア活動

福島学

南相馬市と連携したプログラムや、福島の農業の今を知る体験や首都圏の学生との協同事業など、主体的に地域に関わり、地域に貢献し、地域の復興を支援する活動を行っています。

福島学

国際ボランティア

目に入る光景全てが新鮮で、自分が外国にいるという実感があり、とても感動しました。
ボランティア先では、多くのカナダの方と色々な話ができ、普通の海外旅行では味わえない体験だと思いました。自分の中での大きな自信にも繋がったこの数日は、短い短大生活で最も印象深い思い出のひとつです。もちろん観光や買い物もできるので、楽しい思い出も沢山。皆さんもぜひ参加して聖母生活の思い出にしてください。

国際ボランティア

国際平和論

 この授業では、事前に戦争や沖縄の歩んできた歴史について学んでから、沖縄戦地や施設を巡り、現地のガイドさんのお話を伺いました。
 特に印象に残っているのは、70年前に起こった宮森小学校に米軍機が墜落した話です。その墜落事故をテーマにした演劇を行うことで、事故を風化させない活動をしていることを知りました。また、これをテーマにした曲「想い花(うむいばな)」にのせ、琉球舞踊を目の前で披露してもらいました。
 一生忘れられない、沖縄の平和や国際問題について学べる貴重な体験ができました。

国際平和論