奨学金制度のご案内

入学金減免制度

概要

応募資格・条件 (1)本学に入学を希望する新入生で、経済的事情により就学困難な者
(2)次の家計基準「ア」もしくは「イ」に該当する者

  • ア.給与所得者841万円以下
  • イ.給与所得者以外355万円以下

学生本人の父母又はこれに代わって家計を支えている人(主たる家計支持者一人)の収入金額をいい、「給与所得者」にあっては源泉徴収票の支払額とし、「給与所得者以外」にあっては確定申告書等の所得金額とする。

免除内容 入学金14万円の免除(=入学金が29万円から15万円になります)
募集時期 「2020年度学生募集要項」にある「桜の聖母短期大学入学金減免申請書」一式を、出願期間内に他の出願書類とともに短期大学(入試・広報部宛)に提出する。
採用決定 指定校推薦、公募制推薦、AO入試、一般入試(前期・後期)、特別推薦入試の合格をもって、免除者の採用決定とする。

奨学金制度

概要

Ⅰ.入学前予約型奨学金(桜の聖母短期大学奨学金)
 (給付型:2020年度指定校・公募制推薦受験予定者対象)

本学を第一志望とする方(指定校推薦・公募制推薦の受験予定者)で、家庭の経済的理由(家計急変)により、就学が困難な方を対象とします。出願にあたっては、奨学金候補生として学校長の推薦を受けられる方とします。

出願方法 「2020年度入学前予約型奨学金制度要項」にある「奨学金給付申請書」他必要書類を提出 
※所得制限あり
出願期間 2019年8月1日(木)〜9月6日(金)
※郵送のみ受付(ただし、夏期休業期間8/10(土)〜8/18(日)を除く)
選考日 2019年9月14日(土)
採用人数 15名
選考方法 ①国語基礎テスト
②面接
③書類審査
給付額 授業料の50%相当額:345,000円【入学手続時に減免】
※上記1の「入学金減免制度」と併用可

         

Ⅱ.桜の聖母短期大学資格特待生奨学金(給付型:2019年度指定校・公募制推薦受験予定者対象)

本学が定めた家計基準に該当した者で、本学が指定する資格を取得した者を減免することによって教育の機会均等をはかり、学生の修学機会の確保により、社会の健全な発展に寄与する人材育成を目的とした本学独自の奨学金制度です。
その選考は、国語基礎テスト、面接と人物及び経済事情、本学が指定した資格取得を条件に行われます。

                   

出願期間 2019年8月1日(木)〜9月6日(金)
※郵送のみ受付(ただし、夏期休業期間8/10(土)〜8/18(日)を除く)
選考日 2019年9月14日(土)
資格条件 実用英語技能検定2級合格者、日本語検定試験2級合格者、パソコン検定2級、TOEIC500点以上、TOEFLiBT50以上  のいずれか1つに該当する者
採用人数 若干名
選考方法 ①国語基礎テスト
②面接
③書類審査
免除額 年額 345,000円(授業料の50%相当額を免除)

被災者特別支援制度

概要

本学では、東日本大震災により自宅が全壊・半壊等の被災に遭われた方、また福島原子力発電所の事故により避難を余儀なくされた方々を対象に、すべての入学選抜において授業料等の学生納付金の免除事業を行っています。
※詳しくは、入試・広報部までお問い合わせください。
※「東日本大震災ともしび会」で、被災状況に応じた生活支援をいたします。

マルグリット・ブールジョワ奨学金

概要

本学院設置母体であるコングレガシオン・ド・ノートルダム修道会創設者、聖マルグリット・ブールジョワの精神に基づく給付型の奨学金制度です。家庭経済の急変により就学を継続することが困難な方を対象とします。採用者にはそれぞれの事情に応じた学費支援(給付)を行ないます。
尚、「2.入学前予約型奨学金(桜の聖母短期大学奨学金)及び4.マルグリット・ブールジョワ奨学金制度」は、共に、カナダにある本学院の設置母体であるこコングレガシオン・ド・ノートルダム本部からの給付金を基に運営されております。

その他(外部奨学金制度)

概要

                      

種 類 貸与額(月)
日本学生支援機構奨学金 第一種奨学金(無利子) 自宅通学 20,000円/30,000円/40,000円/
53,000円から選択
自宅外通学 20,000円/30,000円/40,000円/
50,000円/60,000円から選択
第二種奨学金(有利子) 20,000円から120,000円のうち、1万円単位で希望月額を選択
福島県奨学資金 大学等入学一時金、大学等奨学資金があります。

※ 2017年度参考
※ 学則に定められた学費の範囲内となります。