学長挨拶

皆様へのメッセージ

桜の聖母短期大学学長  西内 みなみ

 桜の聖母短期大学は、次のような教育を提供したいと考え、それを、「ミッションステートメント」として表現しています。(「コングレガシオン・ド・ノートルダム」とは、桜の聖母短期大学を設置した修道会です。)
 コングレガシオン・ド・ノートルダムの学校は、1658年に始まる教育の歴史を持ち、子どもたちが生きる意味を見出し、強い意志・勇気・愛をもって社会の変革に寄与できる、誠実で品位ある人に育て、世に送り出そうとしている。すべての教育活動は、子どもたちが自分に与えられた使命に気づき、自己実現をはかり、未来を拓いていく力を育てることを目指している。
 
1.イエス・キリストの愛に学ぶ
2.卓越した学問の追究を目ざす
3.神・他者・自分・自然と対話する心を育む
4.義と平和の実現のために働く人を育てる
 
 このミッションステートメントから、桜の聖母短期大学では「建学の精神:愛と奉仕を大切にする社会人の育成」を掲げています。「建学の精神」は、桜の聖母短期大学の最も大切なことです。
 「建学の精神」は、桜の聖母短期大学で2年間学び、どのような社会人として卒業して頂きたいのかという、私たちの願いであり、学生にとっては目標です。良き社会人として貢献するため、愛と奉仕を大切にすることを共に学びましょう。

桜の聖母短期大学学長 西内 みなみ

学位及び業績

桜の聖母短期大学で得られるもの

  • 1 全人教育で、人生の荒波を航海する人間力を得ます。
  • 2 実社会で働くに必要な専門的力をつけます。
  • 3 実践的コミュケーションとボランティア精神を身につけます。
  • 4 自分らしい生き方をするための「宝」を見出せます。
  • 5 「Win-Winを考え、相乗効果を発揮する」生き方を学びます。