桜の聖母短期大学の新しい一歩 ~2020年4月から、制服の指定がなくなります。~


 桜の聖母短期大学では、これまで式典などの学校行事や就職活動の際には本学指定の制服を着用してまいりました。
その白の立ち襟と校章エンブレムのある明るい紺色のスーツは、清楚な雰囲気で、桜の聖母短期大学の制服として広く愛されてきました。
この度、TPOを考えて服装を自分で選択していくことは、主体性を育む大切な学びのひとつと考え、2020年4月ご入学の皆様から制服の指定をしないこととしました。
 それは1955年の創立以来のカトリックの精神に根ざした女性の品性や主体性、創造性を育む人間教育のためにも、大切なことだと考えたからでもあります。
本学では毎年在学生のアンケート調査を行っております。また学生の代表者から意見を聞き、短大の教育活動に反映させてきました。今回は、そうした要望も考慮して、新たな一歩を踏み出すこととしました。
これからも品性を大切にしながら、より自立した女性として、新しい時代を歩いていきましょう。

2019年8月
桜の聖母短期大学