いちいコラボ弁当販売中!10月末まで TUFテレビユー福島「げっきんチェック」に生出演


 食物栄養専攻2年生は「いちいコラボ弁当プロジェクト」で、秋の新米を使ったお弁当を開発・発売しています。10/12(金)にTUFテレビーユー福島の「げっきんチェック」という生放送番組の取材を受けました。サイトーのおばちゃんことムッシュ・サイトーさんの勢いのあるしゃべりとマイクの向け方に、学生たちは、最初は圧倒されていましたが、サイトーさんやディレクターの方からのアドバイスを参考に何度か練習し、本番では自分たちの言葉でメニューやPRポイントを元気よく説明することができました。

 テレビ取材は、聖母短大のすぐそばのフォーズマーケット(福島市山下町)で行いました。店長さんと総菜コーナーの責任者の方によると、この生放送の後にお客様からの問い合わせが続き、その後もよく売れていて、昨年の実績を超える見込みだそうです。

 今年の秋のコラボ弁当は、「地域食生活論」の授業で、7つのチームに分かれてメニュー考案と試作を行い、いちいバイヤーにプレゼンテーション(試食会)を行いました。商品化されたのは「秋の収穫祭弁当」と「秋風香る紅葉弁当」の2チームのアイディアです。どちらも秋の旬の食材や新米をたっぷり味わえます。恒例になったお弁当の帯には、食物繊維に関する栄養メモや「いちじく寒天」のレシピが掲載されています。10/31(水)まで、フォーズマーケットでは毎日店頭で販売、県内のいちいさん全店舗では予約注文により発売中です。機会があれば、ぜひご購入下さい。既に購入して下さった方々、ありがとうございました!

 お弁当の詳細情報は、https://www.sakuranoseibo.jp/learning_list/14530/でご覧いただけます。10/5と10/11に新聞にも掲載していただきましたので、ご覧ください。
 福島民友新(10/5掲載)http://www.minyu-net.com/news/news/FM20181005-313371.php