調理科学実験 肉の調理性


 ハンバーグを作る際に加える、副材料(パン粉・玉ねぎ・卵など)によって、どのような違いがあるかを実験しました。
 玉ねぎを炒めたものと、生のものを比べてみて大きな発見がありました。

 ハンバーグを焼いている間に「発想力テスト」をしました。5 分間で、どれだけ多種類のマークや記号が書けるかというものです。先生に、コツを教えてもらって、もう一度チャレンジしたら、たくさんマークや記号を書くことができました。これは、メニュー開発にも役立つもので、 1 つの食材にどれだけ多くの料理を発想できるかが勝負になります。