応用栄養学実習でライフステージ・ライフスタイルに合わせた食事を作りました  更年期食②


【今回の想定】
 45 歳の女性を対象とした献立を作成しました。2名の学生がそれぞれに、1 日分の献立を作成した中から取り上げた食事を調理しました。結果的に、同じ内容の味噌汁が2度出現してしまいました。

 朝食は、白いご飯としじみのお味噌汁、納豆とほうれん草と桜エビの和え物、タラコ、焼き海苔、りんごジュースです。カルシウムを十分の摂取できるような献立にしました。
 昼食は、アボカドやトマト、レタス、玉ねぎ、生ハムをトーストでサンドしました。それに、牛乳を添えました。職場で、手軽に食事ができる内容にしました。

 間食は、柿とみたらしだんごを。パートの仕事を終えた後で楽しむように取り入れました。夕食は、炊き込みご飯としじみ汁、とんかつ、きゅうりの酢の物です。ひじきや、キノコを入れたことで、ミネラル補給を考えました。

 対象者の嗜好にあわせて、就寝前に赤ワインを楽しんでもらうようにしました。実際の調理実習では、省略しました(写真はイメージです)。