応用栄養学実習 妊娠期食②


【今回の想定】 
 妊娠後期の26歳の女性を対象とした献立を立てました。ご紹介するのは食物栄養専攻の3名が、それぞれ1日の献立を立てた中から、1食ずつ抜き出して実習をしました。
 
 朝食は、卵サンド、野菜サラダ、コンソメスープ、ヨーグルトムースです。ライ麦を使ったパンで、サンドイッチを作りました。スープには、鉄分の多いアサリが入っています。
 昼食は、ホウレンソウをフードプロセッサーにかけて作った特製ソースのラザニアです。これには、鯖が入っていますが、バジルとニンニクの風味で生臭さを消しています。コーンご飯とキクラゲ入りの野菜スープを添えました。

 間食は、冬の寒いときに温まる、ミルクココアを午前中に、お汁粉を午後に用意しました。
 夕食は、たまご炒飯、酢豚、にんじんともやしのナムル、牛肉ともずくのスープです。お肉は、脂身の少ない部位を使っています。