2017年もフードマネジメント集中講座始まりました


まずは、「冷凍食品」について学んだよ!

 食物栄養専攻の1年次では、フードマネジメントの集中講座があります。
 学外からプロフェッショナルの講師を招いて、普段の講義や実習ではなかなか聞けない、最新のトピックや実務について学びます。この講座と他の関連科目を修了することで、フードサイエンティストの認定を受けることができます。

 6月は、冷凍食品について学びました。家庭料理よりもむしろ業務の現場で活躍する冷凍食品。上手に使いこなすことで、豊富なメニューに効率よく対応したり、食材のロスを減らすことができます。一方で、おいしく安全に食べるためには、正しい冷凍、包装、保存、そして解凍の基本ルールをしっかり守ることが大切だということを、講義、調理実習、試食を通じて学びました。 

 今回のメニューは、冷凍サトイモの和風カレーに冷凍エダマメと卵のサラダ、そして冷凍カボチャを使ったプリンでした。とってもおいしかったです。