福島学9月5日〜モナシュ大学との交流授業に向けての準備


 前回に続き、モナシュ大学との交流授業に向けて準備を行いました。
グループごとに質問事項をまとめ、福島市のルイス・アデル・キャロルさんに協力をいただき英語での質問に翻訳しました。
 日本語を学ぼうと思ったきっかけや学んだ日本語を将来どのように生かしていこうと考えているかなどの質問事項を考えているグループがありました。また、東日本大震災について、原子力発電所の事故についてオーストラリアではどのように報道され、現在どのような印象を持たれているかなどの質問を考えているグループもありました。
 モナシュ大学の学生の皆さんから桜の聖母短期大学の学生にどのような質問が寄せられるのでしょうか。9月16日の交流授業が楽しみです。