『お口と健康フェア2019』でボランティア活動


 6月9日(日)福島市のAOZ(アオウゼ)で、福島県歯科医師会と福島市の主催で開催された「お口と健康フェア2019」。毎年 本学の学生がボランティアとして参加させていただいております。6月4日~10日が歯と口の健康習慣ということで開催されている同イベント、今年も、こども達が体験やゲームで歯磨きの仕方や歯の大切さを学んでいました。
 本学の学生たちは、会場入り口で入場用リストバンドの配布や、こども白衣体験コーナーなどで活躍していました。

 こども保育コースの学生たちは、小さなこどもたちにも優しく、スムーズに対応していました。
 キャリア教養学科の学生たちは、自らも白衣姿になって、積極的に活動していました。

 本学のボランティア活動は、学生全員が、事前に授業の中で、ボランティア活動の社会的意義などを学んでから、福祉の実践として行っています。これからも福島県内外いろんなところで、ボランティア活動を行いながら、自分を見つめ、地域社会の課題や現状に気づき、課題解決の力を養っていきます。
 
 そして会場では、別件で来ていた本学の卒業生に偶然出会えました。
 昨年卒業して今は保育士として頑張っている二人です。
 充実した日々を送っているのがわかる素敵な笑顔でした。
 ボランティアで頑張っている学生達にもエールを贈っていただきました、
 また本学にも遊びにきてくださいね。