キャリア教養学科 アカデミックスキルズ~ゼミ専攻に向けて~


 キャリア教養学科では、2年生で特別研究の受講が必修となっており、自分で研究テーマを決め、論文を執筆することになっています。特別研究は、様々な学術分野を専門としている先生がゼミを組む形式で実施されます。
 
 そこで、1年生のうちに特別研究で研究したいテーマを考えつつ、どの先生のゼミに入りたいのかを決めなければいけません。アカデミックスキルズも終盤に入ったこの時期に、来年のゼミ専攻に向けた説明会が実施されました。
 
説明会は、ゼミ担当の先生ごとに開催され、学生は自分の興味のあるゼミを巡ります。
説明会ではどのようなお話があるのでしょう?
法学ゼミの説明会の様子を少しのぞいてみましょう。
 
「法学の研究って、どんなことをするのかな?」
「今は労働法の研究を考えているけど、他にどんなテーマがあるのかな?」等々の声がある中、説明会が始まりました。

 説明会では、法学の研究テーマは、広い範囲にわたるとお話がありました。
先輩方の研究テーマも見せてもらうと、身近で面白そうなテーマもたくさんありました。
 
先生によると「まずは、自分が何に興味があるのかを考え、それに関連する法律を調べればよい」とのこと。

これからテーマを考える場合は、「社会で問題になっている事に目を向け、自分の心が動く問題」を探すと良いそうです。
 
「それなら私にも出来そう!」と、学生たちの表情も明るくなりました。
 
 更に、「個人の研究だけでなく、ゼミで裁判傍聴や刑務所見学にも出かける予定です」とのお話に、「参加したい!」との声もあがっていました。
 
 研究テーマを検討して、自分に合ったゼミを専攻するのはとても大切なことです。
自分の興味関心をじっくりと考えて、桜の聖母短期大学での学びの集大成となる論文を書きましょう!