キャリア教養学科からおもてなしを発信!!おもてなしスキルスタンダード協会からの取材


 キャリア教養学科では、今年度の新たな取り組みとして、「おもてなしスキルスタンダード習得講座」を行いました。この講座はおもてなしの学びを通して対人サービス・コミュニケーションに必要なスキルを学ぶもので、経済産業省が策定したものです。福島県内の学校では初の取り組みとなった講座に27名が参加しました。
受講者には認定書と素敵な認定バッチが授与され、講座で学んだスキルや心構えを日々の生活や将来の職業にむけて活用しています。

(講座開講の詳しい様子は、こちらになります。ぜひご覧ください。)

 先日、学校での先駆的な実践事例として、西内みなみ学長とキャリア教養学科の高橋未希先生がおもてなしスキルスタンダード協会の方からインタビュー取材を受けました。 
「桜の聖母短期大学の教育理念には「おもてなし」の精神があり、多くの卒業生たちが短大でしっかりとその心を学び、地域社会に貢献してきたんですよ。」という学長のお話から、大学と「おもてなし」の深いつながりを感じました。そしてこのスキルはサービス業に関わる人だけではなく、地域社会で共生し、これからの福島を盛り上げていく若い方々にも大切な学びが詰まっています。皆さんも、是非桜の聖母短期大学で「おもてなし」を学び、地域社会に羽ばたいてみませんか?

インタビューの詳しい内容は次の機会にご紹介します。楽しみですね!

「おもてなしスキルスタンダード習得講座」についての詳しい説明は次のリンク先をご覧ください。
https://omotenashi-ss.jp/