学修力の強化を目指す「アカデミック・スキルズ」-「レジュメ」について学ぶ-


 キャリア教養学科1年生必修の「アカデミック・スキルズ」は、学生の学修力強化を目的とした科目です。この授業では、大学の全ての科目の学修に必要で、社会人になっても役立つ「総合的な学ぶ力」「自らの学びのスタイル」を1年にわたって構築していきます。
 
 今日のテーマは、「レジュメとは何か?」です。授業の冒頭に高橋先生から、レジュメは「論文、書籍等の内容を要約したもの」であり、他者(聞き手)の理解を促すために使う「コミュニケーション・ツール」であること、読解力、要約力などを身につけるのに役立つものであること等々と説明がありました。
 
 次に取り組んだのは、実際に「レジュメ」を作成するために、課題文を読むこと。各自読み込んだ後にグループに分かれ、書かれていた内容、ポイント等について共有しました。

 実際に「レジュメ」を作成するのは、次回までの宿題です。次の授業では、グループに分かれ、それぞれが作成した「レジュメ」、工夫した点、気づき等を共有します。次の授業が待ち遠しいですね!