アカスキ「再集会」:特別研究に向けて


 一年間に渡り、総合的な学びのスキルを培ってきた「アカデミックスキルズ(アカスキ)」も、いよいよラストを迎えました。
キャリア教養学科で培ってきた、これまでの学修体験をベースとし、次年度からは「特別研究」に臨みます。今日は、新ゼミでのチームミーティングを実施し、それぞれの研究テーマを焦点化しました。
 後藤ゼミのメイン研究テーマは“メンタルヘルスとコミュニケーション”です。
 参加体感型のワークショップとディスカッションを中心に、考えて・書き出して・伝え合う、深い対話の場となりました。

 所属ゼミ生からは、こんな感想が寄せられています。

  • 今まで頭でふわっと考えていた研究テーマを、今日この時間にグッとしぼることができた。せっかく研究をするなら、将来の自分に少しでも役立たせたい。
  • 他の人の研究テーマを知ることで、「自分のテーマにも関係がありそう」と思った。
    聞いていて、とても面白かった。

 春休み中には、それぞれのテーマにそった先行研究を自ら調査します。
 学生たちは、学問の探究者として着実にスキルアップしていますね。