「人生100年時代」を見据え、「お金」について学ぶ


 キャリア教養学科は、「なりたい自分」になるために、文字通り、“キャリア”と“教養”について学び考えるための学科です。自分の仕事・働き方(ワーク・キャリア)や人生・生き方(ライフ・キャリア)を考えデザインし、また、キャリアをより良く積み重ねていくために必要な教養やスキルを学び身につけ、「なりたい自分」の実現に向けて行動できる力を養うことを目的としています。
 “キャリア”を考えるには、自分の人生や生活を「お金」の面からも考えることが不可欠です。生活に欠かせない「お金」の知識・判断力(金融リテラシー)を身につけるために学ぶのが、今回ご紹介するキャリア教養特講Ⅳ(ファイナンシャル・プランニングの基礎)の授業です。この授業は、ファイナンシャル・プランニング技能検定試験3級レベルの知識等の習得を目標にしています。
 4月25日の授業では、福島県金融広報委員会(事務局:日本銀行福島支店)の金融広報アドバイザーとして活躍されている宍戸美香先生(ファイナンシャルプランナー)をお招きし、「お金」を上手に貯める・増やす・借りるために必要な基礎知識を学びました。

 長寿化の進行により、多くの人が100年以上生きる「人生100年時代」を見据え、「お金」の面から自分の人生や生活を考えることがますます重要になる中、「お金」について今からしっかり学んでおくことが大切ですね!

※今回の授業は、福島県金融広報委員会(事務局:日本銀行福島支店)の協力を得て、実施いたしました。