“日本カトリック短期大学学術奨励賞”を受賞されました!


 本学キャリア教養学科の三瓶千香子先生(准教授、生涯学習センター長)のご研究が、 独創的であり、また高い学術的水準であることが認められ、日本カトリック短期大学 連盟より、『学術研究奨励賞』が授与されました。
 今回受賞された研究業績のタイトルは、「小さな短大が地域に開くということ-桜の聖母短期大学」です。三瓶先生は、「人間と教育A」「プランニング入門」「生涯学習概論」「キャリア形成論」「地域形成論」「イベントの企画」などの授業を担当されています。
   
                         三瓶先生、おめでとうございます!
★三瓶先生の研究の一部が次の著書に所収されております。
 上杉孝實・香川正弘・河村能夫 編著
 『大学はコミュニティの知の拠点となれるか 少子化・人口減少時代の生涯学習』
 ミネルヴァ書房、2016年。この本の第11章にあたるのが三瓶先生の文章です。