国見町道の駅「ももたんカフェ」で学生考案の「もものスイーツ」はいかが!


 5月3日国見町道の駅「あつかしの郷」がオープンし、「ももたんカフェ」で食物栄養専攻の学生たちが考案した美味しい「もものスイーツ」を楽しむことができます! ピーチマイ(米)ジェ(平成26年度考案)、ピーチ&プリン(平成27年度)、ももむう(平成28年度)など3年間に渡って取り組んできた桃のスイーツが品揃えしています。5月6日はももたんカフェに卒業生たちも応援に来てくれました!

 国見町と桜の聖母短期大学は地域学連携協定を結び、学生は国見町の方々と交流を深めています。
まずは国見町を知るために、あつかし防塁などのフィールドワークを行い、また、桃栽培の果樹農家を訪問し、桃の育成過程などを学びました。桃農家さんの思いに共感することも大切でした。

 桃の理解を深めてから学生たちはお菓子のレシピ考案に取り組み、実際に試作を行いました。そして国見幼稚園の園児たちに試食してもらい、子どもたちから評価を受けました。このようなプロセスを経て学生たちの考案したお菓子が誕生しました。それらのお菓子を地元のパティシエがアレンジして商品化しました。ももたんカフェでのデビューまで長い道のりでしたが、学びの多い日々でした。