「栄養士活動論」、春のお弁当開発のために有機農業体験をしました!


 雨上がりの秋の一日、食物栄養専攻1年は二本松市東和地区ほ場で有機農家の関さんから有機農産物についての説明を受けました。恒例の農業体験は出来ませんでしたが、ほ場に来なければわからない農業環境について学びました。雑草などを食べてくれるやぎの「モー」とその子ども「ミー」と一緒に記念撮影をしました。

 今年はできた有機野菜を集め、処理し、スーパーなどに運ぶ仕事をしてくださっている引地さんも参加され、農産物が私たちの食卓に届くまでの流通についても学ぶことができました。

 昼食のメニューは「白菜のクリームパスタ風」「カブと柿の甘酢漬け」「さつまいもといんげんの味噌炒め」「かぼちゃのタルト」、その他にもピーマン、ナス、カボチャの素揚げもありました。乾麺の原料である小麦は関さんが作ったものでした。オーガニックふくしま安達のメンバー関さん一家と有機農業推進室のスタッフなどと一緒に昼食をとり、交流を深めました。有機野菜を味わい、春のお弁当作りにさらに意欲が湧いたと語る学生もいました。春のお弁当には有機野菜を作っている農家さんの思いも込められていくことでしょう。