福島学2018キックオフ!!


 2018年4月今年も「福島学」が始まりました。震災から8年。そして「福島学」も7年目を迎えます。先ず今まで担当している三瓶先生が、これまでの福島学の歩みを報告しました。
 この授業を履修した先輩方は、それぞれの「福島学」の中で自ら「福島」をジブンゴトとして捉え、自分の考えを発信し始めました。「福島学」とは、学科・専攻・コースを超えてキャッチした学びを深め、自ら動き、変えていこう!!それがやがて拡がって、人と人とを結び、さらなる学びに拡がっていくだから・・・この考えを重視した科目なのです。
 あなたにとって福島は?どんなことに関心がありますか?

 今年度福島学を担当するのは、キャリア教養学科 三瓶千香子先生、食物栄養専攻 木下ゆり先生、こども保育コース 山下敦子先生、
 そして・・・本州初上陸(仕事としては)北海道出身のキャリア教養学科 新任の岩井千華先生。この4人の教員に加えて、本学企画室から遠藤修司室長も参加して学生たちを強力バックアップします!!

 第1講では各先生から、「それぞれにとっての福島について」というテーマの講義からスタート。
 岩井先生からは、前任地の九州での活動報告もありました。
 ますます面白くなりそうな「福島学」にご期待ください。