「栄養士活動論」 春のお弁当開発のために有機野菜について学ぶ!


 食物栄養専攻の1年生たちは初めて春のお花見弁当の開発に取り組みます。美味しいお弁当の開発には食材に対する豊富な知識が不可欠です。スーパーいちいとのコラボ弁当には地元の有機野菜などが使用されています。10月22日二本松市東和地区ほ場でのフィールドワークの前に学生たちは有機野菜に対する理解を深めることができました。その一つが「有機JAS制度」でした。
%e6%a0%84%e9%a4%8a%e5%a3%ab1%e6%a0%84%e9%a4%8a%e5%a3%ab2
 学生たちは講義を通して農家さんの熱い思いを理解し、また、実際に新鮮な有機野菜のインゲン、ナス、ピーマンを調理した試食品を味わいました。学生たちの感想を紹介します。「食べて健康という言葉のようにやはり身体に良い、安全な野菜を食べることが健康への大切な取り組みだと思いました。実際に調理された野菜を食べてみて、苦手だと思っていた野菜もとてもおいしく、野菜のイメージが良くなりました。」「これからお弁当開発をするにあたって少しでも多くの有機野菜を使いたいと思いました。また、味も青臭さを感じずに、これなら薄味の調理でも食べやすいため、自然に濃い味付けから離れた調理ができると考えました。」

%e6%a0%84%e9%a4%8a%e5%a3%ab3%e6%a0%84%e9%a4%8a%e5%a3%ab4