食物栄養専攻のオープンキャンパスレポートと次回8/25(日)のお知らせ


 8/4(日)の食物栄養専攻のオープンキャンパスでは、2年生と教員による学科紹介と病院で管理栄養士として勤務している卒業生の経験談の後、模擬授業「カカオポリフェノールの定量」を行いました。市販のチョコレート(ミルクとブラック)を試料として、脱脂の手順の解説とフォーリンチオカルト法の実験操作を体験し、ポリフェノール含量を求めました。参加された方の多くは、使ったことのない器具や機器に触れて緊張したかもしれません。でも安心してください、この日の実験のデモンストレーションやサポートをしてくれた2年生もはじめは皆さんと同じでした。普段の授業の1/3以下の時間内で盛りだくさんの内容でしたが、この模擬授業を通して、食品成分の分析や食品開発に興味をもってもらえるとうれしいです。そして最後に、参加された皆さんの測定結果をグラフにまとめました。実験前の予想通りミルクチョコレートよりブラックチョコレートの方がポリフェノール量は多かったですね。また、参考値として事前に測定した結果とぴったり同じ方が3名もいました!
 次回8/25(日)の模擬授業は、プロから学ぶ和菓子入門「桜の季節」「遠桜」です。本学にちなんだテーマで練り切り細工の体験実習と試食ができます。見るだけ・食べるだけでもOKです!おひとりででも、何度でも、お気軽にどうぞ!