食物栄養専攻1年『フードサイエンティストに係わる冷凍食品の基礎知識』


本学食物栄養専攻では昨年度から食品科学技術認定証を取得し、フードサイエンティストの資格が取れるようになりました。そのために新設された科目「フードマネジメント」は1年生の集中講義で学ぶことができます。本日の冷凍食品研修会もその集中講義の授業の一つです(写真1)。この研修会では冷凍食品の基礎知識および世界の冷凍食品事情も学び得る事も出来ました。
(写真1)(写真2)
 
 冷凍食品の理解を深めた後は、実際に冷凍食品を使用しての調理講習会(写真2)です。献立は「トマトと枝豆と卵の炒め物」・「野菜たっぷりさといも入り中華丼」(写真3)・「サバの香草パン粉焼き」(写真4)です。普段の調理実習では2班に分かれて調理しますが、今日は1年生全員が調理室で実習を行いました。
 
 冷凍食品は計画的で多種多様なメニュープランが組めること、調理時間の短縮、今話題の『廃棄ロス』が最小限となるコスト管理を考えながら料理実習に取り組みました。種類が豊富で優れた特性を持つ冷凍食品の知識を身につけ、料理が出来上がりました。最後に全員で楽しく試食していました。
(写真3)(写真4)