「食の商談会」体験ツアーの出張授業が行われました!


 「食生活論」の授業で「食の商談会」体験ツアー・出張授業が行われました。これは食物栄養専攻1年生が8月22日東京ビッグサイトで開催される「アグリフードEXPO東京2018」に参加するための事前準備授業です。主催の日本政策金融公庫、ふくしま農業女子ネットワーク、福島県農業担い手課の大勢のゲストを迎えての授業でした。

 「アグリフードEXPO」は2006年から始まり、農業者や食品製造業者と商品販売するバイヤーとの全国的な展示商談会です。夏に東京、秋は大阪で開催されています。今回は東京から来てくださった日本政策金融公庫の職員の方から開催趣旨や今までの開催内容などの説明を受けました。

 今回は福島のブースの一部にふくしま農業女子ネットワークの皆様も参加されます。授業にはアスパラガスを生産されている本学卒業生でもある鈴木さんと、珍しいメープルサップ(カエデの樹液)やそれをもとに作ったサイダーなどを作られている佐藤さんが出席してくださいました。1週間だけですが、本学のカフェテリアにも佐藤さんのメープルサップやサイダーを展示していただくことにしました。プロのための食の商談会ですが、学生にとって貴重な体験になることでしょう。