【国際ボランテイア】海外に飛び出そう!! 国際ボランティア ~カナダってどんな国?~


 本学の「特色」の一つに「国際ボランティア」という授業があります。このプログラムでは、本学の創立者聖マルグリット・ブールジョアが教育を切り拓いた地であるカナダを訪れ、約2週間に渡って国際感覚を養いながら現地でボランティアを行います。
 本日は事前研修の1つとして、本学の非常勤講師でもありますマクマイケル先生をゲストにお招きしました。カナダのバンクーバー出身の先生には、カナダの特徴や地理についてだけでなく、ガイドブックやパンフレットには載っていない様々な情報を教えていただきました。「現地で食べた方が良いものは?」「お勧めのお土産は何ですか?」学生からの質問がひっきりなしに飛んできます。


 授業では「手合わせゲーム」にチャレンジし、異文化コミュニケーションの疑似体験を行いました。目を閉じ、言葉を発せずに相手と手を合わせるというシンプルなゲームですが、これがなかなか難しい・・・。異文化コミュニケーションでは、「伝えよう」とする気持ちがとても大切なのですね!!

 その他、「多文化・多様性」を大切にするカナダ人の信条「Celebrate Diversity」について、海外ボランティアを成功させるための秘訣について等、1時間の授業では収まりきれない内容盛りだくさんの講義が行われました。

 「カナダには色々な文化や言葉があるため、それらに触れることが自分にとってプラスになるよう、もっとカナダの事を知っていきたいです。」「カナダについてもっと調べ、自己成長できるように意識を高く持っていきたいです。」「カナダに行く前にもっとカナダのことを知って、ボランティアに行く目的を明確にしていきたい。」等といったコメントが学生から寄せられました。現地の文化や歴史といった背景を知ることで、プログラムに参加する意味合いがぐっと深まりそうですね。