法学~裁判員制度を学ぶ~


 桜の聖母短期大学の全学科専攻の学生が学べる共通科目に「法学」があります。
法学の授業では、民法や刑法、会社法等を幅広く学びます。

 今回は、福島地方裁判所の菊池裁判官をお招きし、「裁判員制度」について特別講義をしていただきました。菊池裁判官は福島県のご出身です。県内出身の若手女性裁判官の方が福島地方裁判所に着任されることは少ないとのことで、今回の講義は非常に貴重なものとなりました。

 裁判員制度については「聞いたことはあるけど、よく分からない」という学生が多い分野です。しかし、菊池裁判官は分かりやすく、具体的にお話してくださいました。県内での犯罪の傾向等、身近な話題も多く、学生たちは興味深く聞き入っていました。

 講義の後は、質問タイム。菊池裁判官も輪の中に入り、質問に答えてくださいました。

 質問は、裁判員制度に関するものから裁判官という仕事や私生活に関するものまで様々。
「守秘義務に違反した場合にはどうなるのですか?」「今までに担当した中で最も印象的だったのは、どのような裁判ですか?」「女性であることから被告人や裁判所の人に嫌な態度をとられたことはありますか?」等々、本当にたくさんの質問が出ました。

 高校までに裁判員制度の講義を受けたことのある学生もいましたが、今回は現役の裁判官の方から、「福島」に焦点を置いた講義をしていただき、とても新鮮だったという声があがりました。また、裁判官と聞くと硬いイメージがあったが、菊池裁判官にお会いして、やわらかで親しみやすい雰囲気にイメージが変わったという声や裁判員になってみたいと思った等の感想も多く、発見や学びの多い時間を過ごすことができました。