編入学支援クラス 英語によるプレゼンテーションの戦略を考える


 後期からは、1年生・2年生の編入学希望者は毎週火曜日に合同クラスで学びます。

 すでに合格が決まった2年生も交じっており、どうやって編入学の対策をしたのか・・・なども共有できるクラスです。

 さて、10月後半からは英語の学び方がテーマ。
 小論文対策でも重視された「論理力」をどうつけるか。
 今回は、英語でプレゼンテーションが課題となりました。

 テーマは、「Japanese Culture」。
 自分なりの切り口で、グラフや表や地図などを利活用して説得力を向上させ、戦略的に考えた構成にして発表するというもの。

 当然、プレゼンは英語です。

 先生から論理力や表現力、伝える力の重要性を習った上で、2年生の先輩たちからデモンストレーションのプレゼンがありました。
 「山形の芋煮文化」「なぜ日本人はマスクをするのか」
 「なぜ日本には漫画文化が根付いたか」
 「方言は守るべきかどうか」というテーマ。

 さて、来週は1年生を中心に、いよいよ発表です。
 楽しみですね。