「学生と子どもを育む“庭”」① -庭プロジェクト始動!-


 桜の聖母短期大学には、子育て支援「親と子のひろば」があります。ここは、子育て中の親、子ども、そして学生がいつでも集える場です。そして、誰もが主役です。
 この保育室の前に、「子どもたちが自然に触れる遊び場が欲しい」との思いから、有志学生を募り、庭プロジェクトが始動しました。まずは、フリーハンドで庭をデザインしてみました。庭をデザインしながら、学生たちは自身が子どものころに体験した自然の中での遊びを生き生きと話し始めました。そして、「子どもたちにどんな体験をして欲しいか」「自然体験がなぜ重要なのか」を考え始めました。
 学生たちが体験しながら考えを深め、考えながら実践を試みる「庭プロジェクト」です。

 大がかりな工事は、業者さんに依頼することにしました。
 まずは、砕石を取り除いてもらい、砂を敷いてもらいました。この時期、広場に参加した子どもたちは、間近にショベルカーを見ることができて、喜んでしました。