特別研究も、いよいよ始動!


キャリア教養学科の2年生は、本日から特別研究演習がスタートします。特別研究とは、つまり「ゼミ」のこと。深く学問を修めることを重視するキャリア教養学科では、全ての学びの総仕上げとして位置づけられているものです。

たとえば「生涯学習・自己づくり・地域づくり」をテーマとする三瓶ゼミでは、もう一回目のゼミから活発な議論が繰り広げられていました。三瓶先生に限らず、学びに対する姿勢はどの先生もシビアです。でも、こんなに明るく楽しく学問が追求できてしまうのは、やはりキャリア教養学科独自の教育システムが土台にあるからだと言えます。
49ef72b19c9b2addea8db508ca9b00b72
一方、こちらは「メンタル・ヘルスとコミュニケーション」をテーマとする後藤ゼミ。グラフィック・ファシリテーションの技法を駆使しながら、心理学の広い世界に学生たちを案内してくれます。こんな躍動感にあふれた学びも、全てのゼミで共有されている特徴のひとつ。単なる少人数制ということだけでなく、少人数だからこそできる深くて高度な、そして楽しい学び――そんなキャリア教養学科の特別研究を、いつの日か皆さんにも体験してもらいたいですね。sakura3