第1回目レポート教室が行われました。


 2019年5月18日(土)に1年生に向けて第1回目のレポート教室が開催されました。講師はキャリアデザインⅠでご指導して下さっている成田章江先生です。学生はこれから様々な場面でレポートを書くことが多くなり、作文ではなくレポートを書くことが求められます。今回の授業では、1.レポートとはどのようなものか 2.なぜレポートの書き方を学ぶのかが取り上げられました。まず、短大での学修は解答が一つではないこと、学問には好奇心、主体性、労力をおしまないことといった姿勢が重要であること、そしてこれら基本を理解したうえで、レポートを書く際には、客観的な視点、論理的な文章、自分自身の意見が必要であることを学びました。これは、相手に意見を伝え、説得する必要があるからであり、ここで培った論理的な思考力と客観的な説明力はレポートのみならず、社会へ出て活躍する際にも役立ちます。
 学生は、レポートとは与えられた課題について自分の意見を論理的な思考と客観性のある説明で展開することの重要性を学びました。