読み解く力、強化中です。


 アカデミックスキルズは、キャリア教養学科の特色ある授業の一つです。通称「アカスキ」と呼ばれ、通年に渡って開講されるこの授業では、学「修」の基礎的スキルを培います。
 
 今回は、「読解力養成 -マインドマップによって読解力を養うー」をテーマに、キャリア教養学科全1年生が学びを深めました。

 前回のビブリオバトル(「自分がおすすめしたい本」を複数の「バトラー」が1人5分でプレゼンし、参加者が一番「読んでみたい!」と感じた本に投票、「チャンプ本」を決定する、エキサイティングな知的書評合戦)で、自分が選んだバトル本を、より詳細に読み解いているところです。マインドマップを活用して、情報を整理しました。

 
学生たちの感想をいくつかご紹介します。
 
●あれも書きたい、これも書きたいと、時間が足りないくらいだった。こんなに一冊の本を読み解き、深めていくのは初めての体験で、自分が選んだ本が、私の中で、大切な本のひとつになったのではと感じる。
 
●今回のマインドマップ作成を通して、一度読んだ本の内容でも、今まで気にもとめなかった部分をあらためて発見し、「だから、私はこの本が好きなんだ!」と再確認できました。
 
●時間ギリギリまで、集中して書き込みました。授業時間が一瞬に感じて、マインドマップってすごいなと思います。マインドマップを使ってまとめる手法を、学修に応用したら、効果が出そう!

 次回は、1年生がそれぞれ9つのグループに分かれ、A3用紙に拡大したマインドマップを用いてプレゼンテーションを行います。