日本銀行福島支店長をお招きし、金融機関の経営戦略について学びました


 「経営学基礎」は、お客さんに買ってもらえる商品やビジネスの仕組みを考える際に役立つマーケティング、経営戦略など企業経営に関する基本的な理論を学ぶ、キャリア教養学科の1年生が受講する科目です。
 1月29日の授業では、日本銀行の菅野浩之 福島支店長をお招きし、「金融機関の仕事と役割」についてご講義いただきました。講義では、お金の役割、金融機関の機能など金融の基礎を教えていただいた上で、人口の減少、日本経済の成熟など経営環境が変化する中で金融機関が抱える課題、今後の経営のあり方(経営戦略)について学びました。

※今回の授業は、福島県金融広報委員会(事務局:日本銀行福島支店)の協力を得て、実施いたしました。