オープンキャンパスで、キャリア教養学科を実感しよう!


 今年度のオープンキャンパスも、すでに第4回となりました。本当に多くの高校生や保護者の皆さまにお越しいただき、キャリア教養学科一同より厚く御礼を申し上げます。
 今回の学科紹介は、入学して約4ヶ月を過ごした1年生の二人が担当しました。最初はすこし緊張気味でしたが、これまでの短大生活で経験した学びやエピソードを交え、「これからの学生生活ではこんなことを学びたい!」「こんな2年生になりたい!」という想いを堂々と発表し、来場者の方々にキャリア教養学科の魅力を紹介してくれました。

 そして、今回の学科紹介では、なんと卒業生の皆さんも応援に駆けつけてくれました!「なぜ聖母を選んだの?」「卒業して聖母で学んだことは、どれぐらい役に立っているの?」「卒業して感じた聖母の魅力は?」様々な質問に本音で答えてくれた卒業生たち。
 企業への就職や四年制大学への編入など、その進路は多彩ですが、全員に共通しているのが「本当に聖母で、そしてキャリア教養学科でよかった!」という思いにあふれていること。その思いや魅力が、きっと高校生の皆さんにも伝わったと思います。

 さて、午後はお待ちかねの模擬授業「ディズニーワールドの秘密」。アクティブ・ラーニング専用の教室を使い、何度も行きたくなるディズニーリゾートの仕掛けについて学びました。授業を行ってくれたのは、サービス業の経営戦略に関するプロフェッショナルな知識と実践をお持ちの三瓶千香子先生です。
 今回は、プリンセスの衣装に身をまとった1年生も授業のサポート役として登場し、大いに会場を盛り上げてくれました!

 高校生からは、「ディズニーに行くと乗り物にしか興味がありませんでしたが、キャストの方々が、私たちのために頑張っていることに気づけました。」「ディズニーの秘密を沢山知ることができたので、今度行った時には今日の授業で学んだ事を意識していきたい。」といったコメントが寄せられました。このように、机に座って先生の話を聞くだけが学びではなく、生活の様々な場所に学びのチャンスがあるということに気づかせてくれる、ただ楽しいだけではなくて、そこにしっかりと「学問」と「発見」があるのが、キャリア教養学科の魅力なんですね!

 そんな楽しさを、あなたもぜひ感じてみませんか?第5回目のオープンキャンパスは、8月27日(日)に開催します。模擬授業では、「18才選挙権で何が変わる?」というテーマで、社会に参画することの意味について考えていきます。政治や法律はなんだか難しそう・・・という方でも大丈夫!身近なことに政治や法律が関わっていることがきっと体験できるはずです!!皆さんが楽しめるプログラムを準備して、学生、教職員一同、皆さまのお越しを、心からお待ちしています!!