第62回卒業式を挙行しました。


 春の陽射しの中、3月10日(土)第62回生の卒業式が挙行され170名が学び舎を巣立っていきました。

 今年から初めて学業及び課外活動や社会活動等における活躍を表彰するため、「マルグリット・ブールジョワ賞」「学長賞」「学長奨励賞」の3つの学生表彰が行われました。
 栄えある第1回の「マルグリット・ブールジョワ賞」は、生活科学科 食物栄養専攻の小松 李帆さんが受賞しました。受賞理由は学習態度、学業成績が優秀で 他の学生の模範であるとともに、一般社団法人全国栄養士養成施設協会主催「栄養士実力認定試験」において、全国1万人以上の中で、第7位、全国の短大生では第1位という顕著な成績をおさめたためです。
 なお全受賞者名は下記に列記させていただきます。

 卒業生からは謝辞として、共に学んだ仲間たちとチャレンジしつづけた2年間と、これから地域社会で活躍・貢献できる女性になるという決意を、そしていつも温かく見守り、励ましてくださった家族や教員の方々への感謝の気持ちを述べました。謝辞は、卒業生を代表してキャリア教養学科の齋藤ほのかさんがオールイングリッシュで、こども保育コースの杉本怜菜さんが行いました。

 また今年は木幡浩 福島市長からの祝辞をはじめ、多くの来賓の方に出席いただいての卒業式となりました。

 卒業生の皆様 本当におめでとうございます。桜の聖母短期大学で培ったすべての事に自信と誇りを持って、新しい社会でご活躍されることを心より祈ります。

□学生表彰
  マルグリット・ブールジョワ賞 生活科学科 食物栄養専攻  小松 李帆

  学長賞            キャリア教養学科      菅野 菜子

                 生活科学科 食物栄養専攻  石井 なつみ

                 キャリア教養学科      藤田 光
  学長奨励賞          団体 English Speaking Society(E.S.S)
                               小木 麻由佳

2018.3.10 卒業式 式辞(pdf)