Mさんからのメッセージ


卒業年
H26年3月卒業
卒業後の進路
埼玉大学 教養学部 編入学

【編入への道2】
埼玉大学教養学部へ編入 Mさん
(キャリア教養学科第1期卒業)

埼玉大学の編入学試験の発表の日のことでした。
いつも物静かなMさんが、満面の笑顔と元気な声で研究室に飛び込んできました。
「先生! 合格できました! 私、聖母短大に来なければ、埼玉大に合格なんてできなかったと思います。ここで学んだことで成長できました。ありがとうございました!」そう言って涙ぐみました。私の胸にも大きな喜びが広がりました。
Mさんにとって、この合格は3つめでした。私大と他の国立大学にも合格し、第一希望の埼玉大にも合格したのです。短大での毎日の経験と努力が実を結んだ大きな喜びでした。
スタディツアーやアクティブラーニングによる行動力と問題発見力の向上、共通科目や専門科目による着実な知識の習得と教養の修得、空き時間を図書館で過ごす自律心の涵養、伝統ある桜の聖母短期大学という高等教育機関での日々で育っていく考察力と解決力、そのすべてが好結果をもたらしたのです。
編入学試験は、敗者復活戦ではありません! センター試験でははかれない「人間力」を試される「もう一つの入学試験」です。その試験は、「接続教育」ならではの魅力をもっています。短期大学で多様な学習スキルと世界観を身につけた人に拓かれる新しい「次に続く道」なのです。
短期大学は、2年間で社会に貢献する人材の育成と、国内の大学や海外の大学で続けて学びたい人への接続教育という二つの使命をもっています。就職、公務員、四年制大学への編入、可能性を信じて学べる2年間があります。
自分にあった方法で、自分の可能性を拓くことは、とっても素敵なことです。