国見幼稚園で子どもたちを対象にりんご菓子の試食会!


 地域食生活論の国見町プロジェクトの最終は、国見幼稚園の園児たちに学生たちが開発したりんごのお菓子を試食してもらい、評価してもらうことです。7月21日の午後、学生たちは準備したお菓子を持参して国見幼稚園を訪問しました。国見町の太田町長さんのあいさつから試食会は始まりました。

 4グループの学生たちは順番に園児たちの前で易しい言葉で自分たちのお菓子についてプレゼンテーションを行い、試食してもらいました。試食している子どもたちの周りに学生たちは集まり、園児から直接感想を聞くこともできました。4種類のお菓子を試食した後は、子どもたちのシールによる評価がありました。

 一番シールを集めたのは「923・de・りんごトライフル」でした。2番目と3番目の差は僅差でした。学生たちは大人の評価と子どもの評価の違いにも気づき、多くを学ぶことができた半日となりました。これらのお菓子はいつか国見町道の駅の「ももたんカフェ」に並びますので楽しみしていてください。