鍋料理コンクール 「優良賞」を受賞


 県産野菜を使った家庭自慢の鍋を競う「鍋奉行も納得。2016我が家自慢の福鍋・満腹絶倒計画」(福島民友新聞社と全農県本部の主催、県、JA福島中央会の共催)のコンクールにおいて、101組の応募から、食物栄養専攻1年の大西、小松ペアが本選出場の3組に選ばれました。18日に郡山市で本選が開催されました。
%e7%9c%8c%e7%94%a3%e9%87%8e%e8%8f%9c1%e7%9c%8c%e7%94%a3%e9%87%8e%e8%8f%9c2

 福島県産の野菜を使ってチームワークよく作り始める二人。でも実は多くの審査員、取材カメラに囲まれての緊張の調理でした。
%e7%9c%8c%e7%94%a3%e9%87%8e%e8%8f%9c3%e7%9c%8c%e7%94%a3%e9%87%8e%e8%8f%9c4
 完成した「レモンと生姜(しょうが)のポカポカ鍋」審査の結果、3組中2番目の成績で「優良賞」を受賞しました。
%e7%9c%8c%e7%94%a3%e9%87%8e%e8%8f%9c5%e7%9c%8c%e7%94%a3%e9%87%8e%e8%8f%9c6
 鍋のアイデイアとともに、丁寧な出汁の取り方、野菜を入れる順序など、日頃の学びの成果も評価していただきました。
%e7%9c%8c%e7%94%a3%e9%87%8e%e8%8f%9c7