桜の聖母短期大学×いちい 2019コラボ「秋の行楽弁当」が決まりました!


 食物栄養専攻の2年生たちは「地域食生活論」の授業で、スーパーマーケットいちいさんとのコラボで、秋の行楽弁当を開発し、試食をしていただき、審査していただきました。7班とも気合が入ったお弁当で、実際に試食してからの審査は難しかったと大好評をいただきました。「オータムチャーミング弁当」と「ボリューム満点彩り弁当」の2つが選ばれ、9月23日から発売されます。

 こちらは「オータムチャーミング弁当」です。福島県の名産凍み豆腐が入った彩り混ぜご飯を中心に
鮭のミルク味噌チーズ焼き、鶏むね肉の甘酢炒め、さつま芋と昆布の煮物など、秋の食材が満載です。

 こちらは花の形の「ボリューム満点彩り弁当」です。ごまご飯とキノコと油揚げの混ぜご飯、そしてなすと鶏挽肉のはさみカツ、野菜の肉巻き、だし巻き卵などボリュームのある弁当になっています。

 今回は優秀作品が多く、秋の行楽弁当の他に、販売月を変えて他の2種の弁当も販売されることに
なりました。野菜たっぷりの「野菜映え弁当」、「カルシウムたっぷり! 秋の味わい弁当」です。