高校1年生対象 地域医療体験セミナーについてのご案内


 福島県教育委員会の主催で行われる「地域医療体験セミナー」の本学で実際概要について、ご案内させていただきます。栄養士・管理栄養士に興味のある高校一年生のみなさん、この機会に是非参加してみてください。
 
場所:桜の聖母短期大学
体験職種:栄養士・管理栄養士
日時:令和元年8月8日
集合場所:9:50までに正面玄関受付を済ませてください
持ち物:筆記用具。運動靴は必要ありません。昼食不要です。
服装:制服で結構です。運動着は必要ありません。
日程:10:00 午前の部
   12:00 昼食
   13:00 午後の部
 
前の部(10:00~12:00)
講義科目:運動生理学
教  室:多目的演習室(講義)、食品加工室(実習)
講義題目:「病院チーム医療の栄養士とは ~スポーツ飲料の味覚と経口補水液を作ろう~」
講義内容:
 病院は、さまざまな病気により、内科、外科などに診療を受け、検査・リハビリ・処方箋による薬・栄養指導をはじめ、さらには通院、入院があります。
 患者さんには、病気を治すため、多くの医療に従事している方と会います。一人の患者さんを中心に、複数の医療従事者が病気を治すために患者さんを囲むように支えている「チーム医療」を紹介します。どんなときに栄養士に会うのか考えて見ましょう。
 ひとつの症例として、高校の部活動中に『足のふくらはぎがつった』この時に対処方法を例にとり栄養予防法として経口補水液を作りましょう。
 
午後の部(13:00~15:00)
講義科目:臨床栄養学実習
教  室:調理実習室
講義題目:「食べる人のことを考えながら(想いながら)料理をしてみよう!!」
講義内容:
 我が国の死因別死亡において、最も高い割合を占めるのは悪性新生物(癌)です。胃癌の死亡率は、年々減少傾向にありますが、部位別でみると男女とも上位に位置しており、罹患数でみるとむしろ増加しています。本実習は、胃に疾患を抱えた患者の食事について学び、「胃にやさしい食事」を患者さんのことを考えながら、料理してみることを目的とします。
 料理に関する知識、技術は無くても大丈夫です。食べる人のことを考えて、失敗を恐れずに、まずは料理してみようと思います。栄養士の業務である献立作成や調理の際に、どのような知識や技術が必要になるのか、気付くことができるのではないかと考えています。
 
 
*募集要項はPDFご覧ください。