【ベーシックスキルズ】聖母の「初年時教育」 まずは、コミュニケーションワークショップ!


 これは入学式の二日前、授業中の光景です。
 新入生167名が一堂に会して、自己分析、傾聴、チームビルディングにリーダーシップと、短大で学修していく上で大切なスキルを学びました。

 参加した学生たちの感想です。

 

●自分のことを人見知りだって思い込んでいたけど、私、けっこう初対面の人でも話せるかも!
●チームのメンバーとお互いにたくさん褒め合いました。人から面と向かって褒められるのは少し照れくさかったけど、なんだか温かい気もちになれました。
●グループワークで他の学科の子ともじっくり話せた。入学したばかりなのに、ちゃんともう自分の将来を考えているんだなあって感じた。自分もこの大学で将来の夢を見つけていきたい。
●最初はすごくドキドキで緊張したけど、何だかここでやっていけそうな気がする。参加してよかった。

 

 参加体感型のワークを通して、だいぶ表情も和らいできたようですね。この授業の名称は「ベーシックスキルズ」。全1年生が受講する初年次教育で、社会的・職業的自立に必要なコミュニケーション力、行動力、自主性、そして基礎学力としての日本語力の育成を図ります。この後も「新大学生のためのレポート教室」、自分の考えを整理し構造化する能力を身につける「マインドマップ講座」と、まだまだ続きますよ!