編入支援 夢に向かって 目指せ編入!!~小論文&志願理由書対策~


 桜の聖母短期大学の編入支援は、学科や学年の枠を超えて合同で行われています。2019年度は現2年生のうち11名が、福島大学や県外の大学に合格しました。編入支援では、毎回様々な課題に取り組み、編入学に必要な思考力とコミュニケーション力を養成しています。今日はどのような授業が行われているでしょうか?現1年生の授業を覗いてみましょう。

 
 はじめに小論文の演習が行われました。共通のテーマで書いた小論文を書くだけではなく、互いにコメントをし合いながら、どうやったらもっと良くなるかをそれぞれ検討していきます。自分で書くだけではなく、他の人が書いた小論文を見比べることで、言葉遣いや発想、書き方のコツを客観的に捉えなおしました。このような活動は1人ではなかなかできません。仲間との議論を通して得た学びは今後の小論文の出来栄えをよりパワーアップさせてくれることでしょう。

 その後、志望理由書についての講義がありました。志望理由書を作成することは、面接試験の準備にもつながります。担当の先生から「まずは自分をよく知ることが大切」と説明がありました。なぜ編入したいのか、興味がある分野、短大での学びをどう生かすか、どのようにして志望校の情報を得るか、四年制大学卒業後の進路など、具体的なポイントが示されました。春休みも近づいてきています。思いを新たに、夢に向かって頑張りましょう!!