新入生の学びをサポート -マインドマップを学ぶ-


 桜の聖母短期大学では毎年、入学間もないこの時期に、1年生全員がマインドマップを学びます。大学生としての学びをサポートする科目「ベーシックスキルズ」の授業の一環です。
 「マインドマップって何?」と思われる方もいるかもしれませんが、マインドマップはアイデアを見える化し、発想を展開したり、物事を体系的に整理したりするのに有効なノート法です。短大での学びだけでなく、卒業後も様々な場面で役に立ちます。
           
 ※マインドマップについては、以下のWebサイトなどが参考になります。
        →https://www.mindmap-school.jp/mindmap/what/

 
 公認インストラクター3名を講師にお迎えし行われた授業は、朝から夕方までの6時間。午前中は、「私が好きなもの」というテーマの演習を通して、マインドマップの基本(描き方など)や発想の広げ方について学びました。また、描いたマインドマップを使って互いに自己紹介をし、入学間もない学生同士の交流を深めました。

 午後からは、「私の歴史」「2年後に、こうなって欲しくない自分」などを、マインドマップを使って描いてみました。自分を見つめる良い機会になりましたね。

 とても楽しい授業でしたが、学生には宿題があります。マインドマップを使って「2021年3月の自分」を考える、というものです。本学を卒業する2年後の自分の姿をどのように描くのでしょうか。とても楽しみですね!