『保育実習指導Ⅰ』 ~施設実習に向けて~


 こども保育コースの2年生は6月20日(月)から児童養護施設や乳児院、障がい児入所施設などの児童福祉施設および障がい者支援施設で実習を行います。保育士資格を取得するための必修の実習です。
 実習にあたって、学生たちは事前学習として実習施設の目的や配置される専門職員、利用児童(利用者)の特徴などを調べ、「実習目標」を明確にしました。実習の事前指導および事後指導を行う『保育実習指導Ⅰ』において、各学生の「実習目標」を共有しました。
指導Ⅰ指導Ⅰ2指導Ⅰ3

 「実習施設の一日の流れを理解する」「保育士の役割を理解する」「保育士と他の専門職との連携について理解する」「保護者への支援について理解する」など、それぞれの学生が掲げる目標を共有することができました。
 多くの学生は実習先に宿泊しての実習となります。様々な体験を通して多くのことを学び成長して帰ってきてくれることでしょう。