【キャリア教養学科】キャリア形成演習Ⅱ


 夏休みに実施されたインターンシップの事後講義として10月26日と27日の2日間にわたってキャリア形成演習Ⅱの集中講義が実施されました。
 早速ですが、講義の様子をご紹介します!

 まずは、先生との個別面談。
 インターンシップでの自己評価や反省点、実習先からいただいた評価や今後の課題等についてじっくりと話していました。
 反省点や課題も多くありましたが、殆どの学生が自分で気づいていなかった事を実習先の方にお褒めいただき、嬉しい驚きがいっぱいでした。

 先生との面談を経て、更に自分自身でインターンシップを振り返ります。
 面談で明らかになった評価から自分の強みと弱みを分析した上で、今後の学校生活でどのように活かしていくか(又は改善していくか)をレポート作成。紙に書きだしながら考え込む学生やPC室で作業に没頭する学生等々、それぞれが自分のやり方で課題に取り組んでいました。

 そして、課題についてPowerPointを作成してプレゼンをし、グループでシェア。自分とは違う経験をした発表者に興味津々の聞き手から様々な質問が投げかけられました。議論をしているうちに、話が盛り上がり、あちらこちらから笑い声も聞こえてきました。

 最後は、皆で「強み」を検討して他己PR。
 自分の良いところを話すことが苦手な学生が多いのですが、就職活動では、自己PRが重要なので、自分の良いところをしっかりと把握しておかなければいけません。
 そこで、プレゼンした強みをPRとしてどのように話すべきか、キーワードを挙げながらグループで検討し合いました。皆に褒められるのは少し恥ずかしいですが、他人から強みを指摘してもらえるのはとても貴重です。

 グループで挙がったキーワードを使って、実際に他己PR実施。
 恥ずかしがり屋な聖母生たちも、友人のことならスラスラPRできました!

 他己PRを聞いている学生からも「あ、これは使える!」という声が挙がり、メモをする学生が続出。今後の就職活動に使えるキーワードをたくさん得ることができました!!

 インターンシップの最後を締めくくる2日間の集中講義で、1年生は実習で得た経験から自身の強みや弱みを把握し、今後の課題を明確にすることができました。
 あとは実行あるのみ。頑張れ1年生!!