アカデミックスキルズ「ぐるぐる~図書館の使い方」


 アカデミックスキルズ「ぐるぐる~図書館の使い方」では、学生の主体的な学びを支えるために必要な図書館の使い方を学びます。学生はまず、岩井先生から国内と海外の図書館の運営や市民を惹きつける文化活動の様子、また、大学図書館の実際の使い方についてのお話を聞き、その後、司書の菅野さんによる図書館ツアーに参加しました。図書や雑誌、参考図書、視聴覚資料、編入学図書の場所や並び方の確認をし、展示を見てから、実際に一人ひとりがOPAC(オンライン目録)を使い、NDC(日本十進分類法)で並んでいる図書を探しに行くという体験をしました。学生からは「図書館は本を読む場所というイメージを持っていたがそれだけではないことがわかった」、「初めてOPACを使ってみて本の探し方がわかった」という声がありました。図書館は学びを支える場であると同時に、楽しみの場でもあります。学生は図書館活用という短大生活の基礎を学びました。