レジュメにまとめる・レジュメで伝える


今回のアカデミックスキルズでは、各自が作成した「レジュメ」を使って、プレゼンテーションと質疑応答を行いました。
前回までに授業で学んだノートテイキングの理論と技術をふまえ、アイコンやアンダーラインを駆使したり、色づかいや全体のレイアウトに工夫を凝らしたりと、それぞれ創意工夫に富んだレジュメ作成となったようです。

ゼミの仲間たちとレジュメを共有した際の、学生たちの感想です。

●今回のレジュメは、ノートテイクとはまた違って、“相手”にも伝わるように作らなくてはいけないため、どのようにすれば見やすく、伝わりやすいレジュメになるのかを考えました。

●普段の生活で、何かを考えることはあっても、それを自分なりに「まとめる」までには至っていなかった。レジュメ作成は、やっていて楽しかった。また新しいことをたくさん吸収することができた。

●今回、ゼミのみんなのレジュメを見せてもらいました。同じ課題文なのに、自分には思いもつかなかった描き方やレイアウトに触れ、「こういうまとめ方もあるんだ!」と視野を広げることができました。

●「学ぶ」ということは、他者の良いところをよく見て、盗み、真似て、自分のものに昇華していくことであると実感しました。

今回の宿題は、それぞれの学びと気づきをもとに、「効果的なレジュメ」についてA3用紙一枚にまとめてくることです。限られた紙面スペース上で、いかにポイントを押さえつつ、余分な情報をそぎ落とすかがカギとなる“A3プレゼン”。
次回も楽しみながら、実践的に学んでいきます。