「なりたいワタシになろう!」キャリア教養学科の魅力とは?


 第5回のオープンキャンパスが8月27日(日)に開催されました。
 多くの高校生と保護者の皆様にお越しいただき、本当にありがとうございます。
「聖母のオープンキャンパスに来たのは、これが3回目です!」「私は2回目!」という声も聞こえてきます。中には2年生の時から参加し、なんと6回もオープンキャンパスに来てくれた高校生も!聖母をもっともっと、よく知りたいと何度も足を運んでくれた高校生に出会うことができ、キャリア教養学科一同、本当にうれしく思っています。

 今回の学科紹介は、1年生2名が軽妙なやり取りで、司会進行を行いました。キャリア教養学科の目指す学生像や授業の魅力をしっかり紹介するのはもちろん、今後の目標を臆することなく披露し、堂々した発表を行いました。また、卒業生と教職員による、仕事や学生時代の体験談を交えたトークショーも「聖母の学びが社会でどのように役立つかがよくわかる。」と保護者の方からも大好評でした。

 今回の模擬授業は、法学がご専門の元井貴子先生による「18才選挙権で何が変わる」。元井先生の歯切れよく、明快なトークで、なんだか難しそうな「政治」の仕組みも、たちまちスッキリ!!
 授業内の話し合いも、在学生がファシリテーター役となってくれたため、緊張感なく高校生も参加できました。「選挙の話を聞いて、今の政治についてもっと知らなければいけないのだなと思った」「新聞やニュースにも意識をして目を通していきたい」といったコメントが寄せられ、若者が政治に参加することや法律を学ぶことの大切さを実感できた、深くて楽しい授業になりました。

 次回のオープンキャンパスは9月23日です。何度来ても新たな発見がある、そんなワクワクとドキドキが満載のプログラムを準備してお待ちしております。是非お越しください!