福島県内初の取り組み!いよいよスタートしました。 「福島市産官学連携プラットフォーム構築と包括的な連携に関する協定」締結式を開催しました。


 8月27日(月)本学(桜の聖母短期大学)において、「福島市産官学連携プラットフォーム構築と包括的な連携に関する協定」の締結式を開催しました。これは、福島市内の高等教育機関が連携し、福島市、福島市商工会議所、福島県中小企業家同友会福島地区とプラットフォームを形成し、産官学連携による地域課題の解決を目指すものです。会場では8機関の代表者による調印式が、和やかに行われました。

 今回の目的は、地方創生の中心となる「ひと=人財」の育成と若者の地域定着を目指すものです。具体的には「人財の育成」、「待機児童の問題」、「若者定着」、「雇用創出・中心街の活性化」、「社会人の学び直し」、「市内の高等教育機関の連携」、「学生数の確保」などです。

 木幡市長からは「福島県内初の取り組みで、全国のモデルになるようにしていきたい。」、渡邊会頭からは「それぞれの団体が一層進化し、少子高齢化などの地域課題を大学の知見を企業活動に反映する形で解決していきたい。」とお言葉いただきました。本学学長西内からは「福島市内に6,000人以上いる大学・短期大学の学生たちと私達が一緒になってプラットフォームを形成し、福島市をもっと活性化させていきたい。」と今回の意気込みを語りました。
 
 今後の具体的な活動につきましては、これから随時情報発信していきます。


協定した8機関と調印式に出席された各代表者の方々です。
 
 ・出席者:福島市             市 長          木幡 浩
      福島市商工会議所        副会頭          菅野 日出喜
      福島県中小企業家同友会福島地区 会 長          佐戸川 政実
      福島大学            学 長          中井 勝己
      福島県立医科大学        理事兼副学長兼医学部教授 安村 誠司
      福島学院大学・短期大学部    学 長          小松 由美
      桜の聖母短期大学        学 長          西内 みなみ    
       *敬称略